ポイントサイトのシステム

通常ポイントサイトでは、サイト内に掲載されているスポンサーサイトにを利用することでポイントを獲得し、獲得ポイントが一定額になったところで現金化するか、商品券や図書券及び各種金券等、最近では震災などの義援金として寄付が出来る場合もあります。ポイントサイトのポイント獲得の条件は色々とあり、商品の購入や有料会員登録などで料金が発生することによるポイントの獲得では、還元率の高いポイントとなり、ただ単にクリックなどのポイントの場合、還元率が低いことが多いです。ポイントサイトではポイントが1ポイント1円で換金できるサイトと10ポイント1円で換金となるサイトがありますが、だいたいのサイトでポイント交換の最低金額が500円で、1ポイントが1円計算であれば500ポイントで換金、1ポイントが10円計算であれば5000ポイントが交換の最低金額となります。

この場合ポイントがたまりやすいのは1ポイント10円計算のほうになりますが、換金できるポイントの最低ラインが1ポイント10円計算のサイトよりも10倍遅いため、結果としてどちらが得かということは言いきれず、それらのサイトにそれほど差がありません。有料のサービスを移用して、貰えるポイントは還元率が高いのですが、有料となったものの金額を考えればマイナスになることもあります。中にはゲームをしてポイントがたまるポイントサイトもあります。ゲーム好きな人であれば、還元率はそれほど高くないにしても趣味と実益とも言えます。比較的還元率高いものに資料請求や査定見積もりがあります。資料請求は保険、その他金融商品などの加入に関する資料の請求で、当然その後のアプローチがあります。査定見積もりは自動車の売却査定の見積もりや自動車保険の加入見積もりです。自動車査定の場合複数社一括査定が多く、査定後すぐに複数の会社から見積もりや、実際の車の査定のアプローチがあります。しかしインターネット査定が完了した時点でポイントの獲得権利が得られるため、複数社からしつこいアプローチがあっても、一番査定の高いところで売却しましたと言って断れば、先方からの連絡は途切れますので、生命保険加入の資料請求にくれべれば、面倒でなく、楽にポイントが獲得できるでしょう。

ポイントサイトの中には獲得ポイントの換金時に取引金融機関に振り込む際に、換金手数料を求めるサイトもあります。その場合ポイント換金手数料を含んだポイントを獲得していないと換金できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です